緑の広場-1920.jpg

​​園内案内

 

​​ふれあい野鳥館

●ジオラマ展示コーナー
緑の中の野鳥や植物を自然に近い状態で再現しています。展示動物がリアルに動いたり、県内唯一の夜の森を再現した「夜の森コーナー」では、ナイトスコープを覗くと森に潜む動物たちを観察することができます。

●野鳥情報コーナー    
野鳥の生態や野鳥が飛ぶ仕組みを学べます。

●図書コーナー    
野鳥や植物に関する図鑑や参考書を自由に閲覧できます。

●パソコンコーナー    
野鳥や樹木について、検索したりクイズに答えたりしながら楽しく学べます。

●多目的ホール    
会議や研修会でもご利用いただけます。

ふれあい野鳥館外観1-1920.jpg
 
ジオラマ4-1920.jpg
野鳥情報コーナー4-1920.jpg
図書コーナー1-1920.jpg
工作体験コーナー3-1920.jpg

​ジオラマ展示コーナー

​​野鳥情報コーナー

図書コーナー

​工作体験コーナー

 
緑の広場2-1920.jpg

みどりの広場

遠足やピクニックで訪れた人々の憩いの場であり、芝生で覆われた野外レクリエーションの中心であり、子どもたちに安心して楽しんでいただける広場です。
森に囲まれた緑の広場は手軽な野鳥観察に最適です。

 
水禽池003-1920.jpg

水禽池(西沢の池)

多くのトンボを観察することができ、渡り鳥や水鳥の休憩地になっています。
西沢の池から望む水辺の森のラクウショウ、メタセコイヤの樹形と周辺の山の木々の変化を楽しめます。
池を眺めながら時に上空に現れるトビやノスリ、サシバなどの観察にも最適です。

 
ピーヒョロ見晴台1-1920_edited.jpg

展望台

平砂浦展望台と大島展望台からの景色は「ちば眺望100景」に選定されています。
「森林浴の森日本100選」に選定された館山野鳥の森からは、「白砂青松100選」の平砂浦海岸、「日本の道100選」のフラワーラインを眺めることできます。

 
水辺の森002-1920.jpg

水辺の森

生きている化石といわれるメタセコイア、ラクウショウが混植され、足元でラクウショウの膝根(気根)を観察することができます。
新緑の緑から冬の落葉まで一年を通して
変化が大きく、房総半島の森とは思えない独特の雰囲気を持った森となっています。
トンボなどの昆虫や両生類も豊富に観察されています。

 
探鳥道2-1280_edited.jpg

探鳥道

3つのハイキングコースが設定されており、ファミリーハイキングコースは1時間30分、バードウォッチングコースは2時間、グリーンシャワーコースは2時間30分ほどに設定しています。
(ふれあい野鳥館で館山野鳥の森の「園内案内図」をお配りしています。無料でお貸ししている双眼鏡とあわせてご利用ください。)

 
map(202202).jpg